• sansansekkotuin

打撲②


というわけで前回の続きです。

当院では打撲・ねん挫・肉離れのような場合は

負傷直後~3日位は負傷箇所の

冷却・固定を基本とした施術を行います。

それっぽい言葉で言うと「クライオセラピー」です。

アイシング用の氷と塗り薬を使い

氷でもって塗り薬を患部へ刷り込みます。

(冷たい・・・)

時間にして5~10分以内(氷が解けてくるまで)

負傷19時間後でこんな感じになります。

目元に内出血が多少出てきましたが腫れは引き、

顔面に大きなあざは出来ずに済みました。

負傷後すぐに冷やしたのが大きかったと思います。

この分なら全治1週間といったところでしょうか、

電気機器による施術は次回に続きます。

#打ち身

10回の閲覧

最新記事

すべて表示