筋肉の増量や維持が必要な場合。

April 13, 2016

筋・筋膜性疼痛の根本治療は

 

・異常なテンションの筋肉は緩める

(骨は筋肉に引っ張られて影響を受けると考えてます)。

 

・衰えた筋肉は最低限鍛える

(下の血行体温の向上にも必要)。

 

・血行及び体温(つまり基礎代謝)を上げる。

 

この3点に尽きるんですよね。

施術に際して色んなメソッドはありますが

結局はこれに含まれるかなと。

 

その為、健康かどうかに限らず、

必要最小限の筋トレは

高齢になるにつれて必要ですが

 

・・・怠けちゃうんですよね~(笑)

わざわざ時間取るのも面倒、

キツイ思いするのはもっと面倒。

 

接骨院とかにおいてあるEMSで

筋肉プルプル動かしてどうにか出来るなら良いんですけど、

でも実際はそうはうまくいかない事の方が多いですね。

それなりにお金は頂戴する一方で

毎日継続が重要なので段々出費が痛くなってくるという。

 

やはり筋トレは本来自分で毎日行なうものだと思います。

※負傷に伴うものや全く知識が無い故の指導が必要など

そういった場合は我々の出番です。

 

一つ言えるのは、無理しないレベルでOKということ。

腹筋・背筋・スクワットなど、

旧いやり方では逆に身体を痛める事も多いので

調べたり詳しい人に聞くのが良いでしょう。

 

例えば腹筋などはドローインというやり方があるので

これだと腰に負担もかからないと思います。

 

他の部分についても、何か見つけたら随時更新します。

Please reload

​最近の記事

July 16, 2019

April 17, 2019

Please reload

​月別記事
Please reload

LINEの店舗アカウント

@faj0424w

※ケチって無料の為

初期ランダムアカウント

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

​メールでの予約も受け付けます。

「予約、アクセス等」のページの

メッセージ欄又は当院メールアドレス

どちらかから直接ご連絡下さい。​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now