野球肘とテニス肘(前腕部の使い過ぎ)

December 13, 2016

ピッチングやテニスのサーブ、ゴルフスイングや

仕事などで腕を酷使すると

手首や肘が痛くなる事があります。

 

変化球を投げる時やサーブの時のように

握り込む動作、手首を手のひら方向に曲げる動作を

繰り返し続けると、それらの筋肉がくっついている

肘の内側に負担がかかるのです。

特に、まだ骨が固まっていない少年の場合、

変化球の多投のような動作で肘部の変形や

曲げ伸ばしに支障をきたす事になりやすいです。

 

逆にテニス・バドミントン・ゴルフ等のバックスイングや

手首を返した状態で重たい物を長時間持った時には

指を伸ばしたり手首をそらす筋肉がくっついている

肘の外側に負担がかかります。

これも骨が固まっていない少年の場合には

重度の場合肘部の変形を伴う事があります。

 

当院の施術の特色としては、

肘だけでなく、頚肩腕や必要に応じて腰部なども

施術致します。

何故ならこれら一見関係なさそうな場所の固さが

肘の可動性に対する負担を増している時があるからです。

他が曲がらない分、肘で必要以上に曲げる、という事です。

 

他所様で効果が見られないという方、一度ご相談下さい。

Please reload

​最近の記事

July 16, 2019

April 17, 2019

Please reload

​月別記事
Please reload

LINEの店舗アカウント

@faj0424w

※無料の為ランダムで

与えられたアカウントです

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

​メールでの予約も受け付けます。

「予約、アクセス等」のページの

メッセージ欄又は当院メールアドレス

どちらかから直接ご連絡下さい。​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now