痛みについての私感。

April 4, 2017

「半月板の損傷なので手術になりました。」というお言葉を頂きまして、

それをキッカケにちょっと復習して考えてみました。

 

痛みがおこるのは

・神経の受容器が痛み物質を感知するか

・神経(脳も含む)それ自体が何らかの変性を起こすか

 

原則、痛みのあるところ神経がある訳(幻肢痛とかは除く)で

神経の無い所に痛みは無い訳です。

もし髪の毛に神経通ってたら散髪時に麻酔が必要に(笑)

 

半月板には必ずしも神経が密に通っているわけではないので

損傷場所によっては半月板損傷が痛みの原因ではない場合があります。

(靭帯・関節包の損傷や骨膜損傷による痛みとか)

 

一方、ヘルニアや狭窄症による神経圧迫が

必ずしも痛みの原因ではないという説に関しては

神経の変性の有無によるんじゃないかなーとは思います。

(例えば圧迫が原因で突然変異的に受容器がそこに出来たら痛いよな、とか)

整体・接骨院業界で考えてるよりは

ヘルニア・狭窄症による神経圧迫→腰痛は実は多いのかもしれません。

 

ただ困るのは、以前にも書いたのですが

痛みを軽減出来た→いつも通り動いた→

実は原因は取り除けていなかったので悪化した、

というケースが結構あるんですよね・・・。

 

痛みを消すのと原因を改善するのは別なんですよね。

痛みは1回である程度消せますが、原因の改善は1回では無理です。

まして慢性的なものについては、治るまでの期間は

痛かった期間と同じだけはかかると思ってもらった方が良いでしょう。

 

「日常生活でもっと気を付けてもらうように伝えた方が良かったかな・・・。」

Please reload

​最近の記事

July 16, 2019

April 17, 2019

Please reload

​月別記事
Please reload

LINEの店舗アカウント

@faj0424w

※無料の為ランダムで

与えられたアカウントです

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

​メールでの予約も受け付けます。

「予約、アクセス等」のページの

メッセージ欄又は当院メールアドレス

どちらかから直接ご連絡下さい。​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now