足の甲の捻挫と中足骨疲労骨折と。

October 19, 2017

前回足首の捻挫でさらっと書きましたが

実は足の甲にもあまり動かない関節がありまして

そこで捻挫を起こすケースも多いです。

 

リスフランとショパールという関節がありますが

捻挫を起こすのはリスフラン関節の方が多いですね。

(ショパールの方が足首に近く、しっかりしているので

スポーツとかで外部から激しい力がかからないと

捻挫しない・・・感じ。痛めるとしたら親指側です。)

 

つっかけで足首の捻り無しに転んだり、

つま先だけねじれるように転んだりすると

リスフラン関節が捻挫する確率が高いです。

 

この捻挫で怖いのは、特にスポーツ活動をしている人の場合

中足骨疲労骨折の可能性を考慮する必要が有る点です。

いわゆる足首の捻挫でよくある「足首カクン」でも

普通に足の小指の中足骨が骨折する場合もあり、

日ごろ熱心にスポーツをしていれば尚更確率はあがります。

(サッカー選手の第5中足骨骨折はまあこれかと)

足の人差し指、中指でも中足骨疲労骨折が起こりやすく

前から痛かったがつまずいてなお痛くなった、と言われると

「あわわわもしかして・・・」となります。

この場合はレントゲン取ってもらう方が無難、ですが

疲労骨折はレントゲンでも判断が難しい場合があるので

病院でレントゲンに異常はないねと言われても

なかなか安心は出来ません。

 

逆に言えば、骨折してようがしてまいが

圧迫!固定!免荷!安静!温熱(状況により冷却)!

超音波!!痛い所は揉まない!!(周りは揉む)

という方向性自体は変わりません。

気になる方は当院までお問い合わせ下さい(決まり文句)。

 

Please reload

​最近の記事

July 16, 2019

April 17, 2019

Please reload

​月別記事
Please reload

LINEの店舗アカウント

@faj0424w

※無料の為ランダムで

与えられたアカウントです

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

​メールでの予約も受け付けます。

「予約、アクセス等」のページの

メッセージ欄又は当院メールアドレス

どちらかから直接ご連絡下さい。​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now