• sansansekkotuin

手首の小指側の方が痛い。

(何かアドレスがおかしいので書き直しました)

何かを殴ったり、手首をぶつけたり、スポーツ活動、

家事や育児で日常的に手首に負担をかけてると

手首の小指側の方に動作時の痛みを感じることがあります。


ここには三角繊維軟骨複合体というものがありまして

これが衝撃や日常的な負荷、加齢で損傷する事があります。

通称TFCC損傷と言われています。


対処の基本線としては手首の固定です。

あまり痛い所をぐりぐりすると逆効果という、

腱鞘炎と共通してる部分もあります。

痛い所を除いて、腕全体をほぐしていきます。

その上で手首をテーピングや包帯などで固定します。


尺骨という前腕部の骨の長さに問題がある場合は

手術になってしまうかもしれません。

(一応ある程度の矯正は試みます)


これ書いてる私も今現在痛くってですね、

結構良くある損傷です。テープ巻いてます。

5cm幅で手首固定というのがよくあるパターンですが

画像のように1cm幅を何周かさせても効果があるようです。

尺骨茎状突起が手首側に降りてこないように壁を作る

イメージで巻きました。



早ければ一週間ほどで痛みが収まる事もありますが

使って患部に負担をかければ治りづらいのも

腱鞘炎と共通しているところです。安静第一。


#サンサン接骨院 #手首痛 #関節炎 #腱鞘炎 #仙台市宮城野区 #ねん挫 #肉離れ #接骨院 #整骨院 #ほねつぎ


7回の閲覧

当院の新型コロナ対応について

 

LINEの店舗アカウント

@faj0424w

初期設定のアカウントです。

LINEの個人アカウント

@tkcrimson

連絡はどちらからでもOKです。

​メールでの予約も受け付けます。

「予約、アクセス等」のページの

メッセージ欄又は当院メールアドレス

どちらかから直接ご連絡下さい。​

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now